キャンピングカーの断熱

2011.09.23

台風も過ぎ去りようやく秋めいてきました。キャンピングカーシーズン到来です。
今回は、普段見ることの出来ない部分をちょっとだけお見せします。キャンピングカーの床内部は外観からでは見ることが出来ない場所なので、キャンピングカーを購入するときに気になる部分ですよね。よく販売店で、この車の断熱は・・・とか、こんな断熱材を・・・とか各メーカー様々です。
そこで当社のセレンゲテイ、パタゴニアの床構造をちょっとお見せしちゃいます。画像は作業途中の物ですのでご了承下さい。標準の床形状に合わせ12mm厚のベニヤをカットし、更に標準の床の起伏に合わせて高さを調整した骨を組み合わせます。メンテナンス性も考慮し、骨と骨の間に画像のように隙間無く40mm厚の断熱材を敷いていきます。標準の床にマットやベニヤだけ敷いたのではなく、更に40mm厚の断熱材を施工することで、断熱効果を高めています。もちろん仕上げにはクッションフロアーを敷いてあるので更に効果大です。動力を得ずして快適な空間となるよう常に研究、開発に取組んでいます。
また、冬用に専用カーペットのオプションも用意していますので、お気軽にお問い合わせください。 FFヒーターの燃費節約にも環境にもキャンパーの断熱は大切ですね。
P1010843.jpg  P1010837.jpg
以上、キャンピングカーのファンルーチェでした。

カテゴリ:From 大連

あったらいいな・キャンピングカー小物編

2011.09.03

久しぶりのブログです。ハイエースの生産も回復しつつ、今までのしわ寄せが一気に来てしまいてんやわんやです。生産の合間にこんなアイテムを作ってみましたので、是非皆様のキャンピングカーにもいかがですか。どれも質感高いですよ!
①ハイエースワイド用 運転席肘掛&コンソール(写真は後方から)
②カムロード用 運転、助手席肘掛&コンソール
③バックカメラカバー
①               ②              ③
Cコンソール2(29,800) コンソール1(29,800) カメラカバー設置1

カテゴリ:お知らせ

キャンピングカー講座【キャブコン編】 you tube 動画

2011.08.19


ファンルーチェ社プロデュースのハイエースキャブコン 「セレンゲティ」が登場しております。キャンピングカーにおけるキャブコンとは?! また、動画ならではの目線でセレンゲティを楽しんでいただく事も!ぜひ {1分で分かるキャブコン編} のタイトルをクリックしてみてください!
You Tubeはこちら
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした。

カテゴリ:お知らせ

キャンピングカーで旅する!

2011.08.01

皆様おなじみのキャンピングカー情報誌、キャンプカーマガジン(株式会社芸文社) そのVol.27『徒然キャンカー日記』にセレンゲティをご紹介いただいています。『キャンピングカー人生』という言葉がまさにぴったりで弊社のキャンピングカー・セレンゲティのオーナー様でもあるフリーライター岩田一成氏による新鮮な情報と、様々な視点からのお話が紹介されており必見必読です! 是非本屋さんへ行って立ち読みではなく購買して読んでみて下さ~い!(写真をクリック)
CCM27セレンゲ CCM27表紙
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした。

カテゴリ:お知らせ

キャンピングカー・セレンゲティの語源?

2011.07.30

ファンルーチェ社では現在 3モデルのキャブコン型キャンピングカーを製造しています。その最初のモデルがトヨタ社製のハイエースワイドワゴンをベースにしたセレンゲティです。すでに紹介していますが改めて写真を取り直したので見て下さい。そうです、芝生の上でのセレンゲティ・スケリントン君です。この呼び名はアフリカはタンザニアにある国立公園からいただいた名で、現地スワヒリ語で「どこまでも続く草原(平原)」って意味です。マサイマラ国立公園と並んでアフリカを代表する公園で野生の王国として 特にヌーの大移動は有名です。よってその名にふさわしいショットが欲しくて撮り直しました。黄色く見えるのがリアキャビン部の安全と車全体の強度を確保する鋼製のスペースフレームです。下地なので、キャンピングカー完成時では見られ無いので、ミニチュアで再現した物がこれです。又、兄弟車「パタゴニア」にも同じスペースフレームは採用されてます。
たびたびの案内になりますが只今、ファンルーチェ社のキャンピングカー御成約記念として身長10cm位のソックリさん人形プレゼント中です。下の写真は弊社の増田の顔写真から造ったサンプルですが、どうですソックリでしょう  暑い日々が続きますが,キャンピングカーに興味の有る方も無い方も是非お近くのキャンピングカーランドに遊びがてら寄ってください。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます
015_convert_20110730090955.jpg 016_convert_20110730091015.jpg 017_convert_20110730091039.jpg
018_convert_20110730091105.jpg 008_convert_20110730091134.jpg 024_convert_20110730111225.jpg
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした

カテゴリ:お知らせ

今どき、ブリキ細工のキャンピングカー??

2011.07.28

昔のオモチャは木、竹,粘土等だったよネ。その後、プラスチックが主流に成るまでの間にセルロイド製と鉄板をプレスして作ったブリキ細工製なる物が在ったが、今はとうに消えた・・と思っていたが当ファンルーチェ社の在る  大連の町外れに未だに金床とトンカチでそれを作り続けている工場が在った。一個からでも作れると言うので、早速セレンゲティの現車を見てもらい作り上ったのがコレだ!! ( 写真をクリック)
001_convert_20110713062740.jpg 002_convert_20110713062805.jpg 003_convert_20110713062829.jpg
004_convert_20110713062852.jpg 005_convert_20110713062924.jpg 006_convert_20110713062952.jpg
屋根は抜いて中の家具も再現してもらいました。BOSS人形、 から分かると思いますが、全長30cmくらいの大きめなブリキ細工モデルです。この工場で作っている物、全てがそうであった様に薄汚れたレトロ観溢れる仕上がりです。セレンゲティは幸せ者です。当社が知る限りブリキ製のクローンが有るキャンピングカーは世界ではこれ1台しかない貴重な作品だと確信しています。(ブリキって日本語ではない単語は江戸時代から有った。語源不明) 現在は、名古屋キャンピングカーランドに展示中です。興味のある方は是非ご来店下さいます様お待ちしてます。
キャンピングカーのファンルーチェ社からのトピックスでした。

カテゴリ:近況

キャンピングカー用コンソールBOX新発売!

2011.07.07

弊社で製造しているヨセミテは勿論のこと、カムロードベースのキャンピングカーには全て取り付けることが出来る、肘掛付きコンソールBOXの新発売です。
使用感、バランス、デザイン等を考慮して、仕上げました。
早速、我が社のヨセミテに装着して使用感をチェック。レザー張りで高級感もあり、肘掛の具合がとても良いです!後方にはドリンクホルダーもつき、バンド固定なので設置も簡単。ドライバーは勿論、助手席側と両方共に有ればとても便利で楽チン楽チン
間もなく発売予定です。お値段等、お近くのキャンピングカーランドにお問い合わせ下さい
P1010642.jpg P1010643.jpg
P1010641.jpg
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした。

カテゴリ:お知らせ

安心、安全の裏付け (裏付けを表に出したキャンピングカー)

2011.07.05

今回は当社のハイエースベースキャブコンが如何にオーナー様の安心、安全を優先しているか、そのをちょっとだけご紹介いたします。
日本では最高技術を誇るファーストカスタム社の協力で共同開発されたセレンゲテイ・パタゴニアの最重要部分にあたるリアキャビンの外装シェルと内装の壁の間には完成時には隠れてしまいますが鋼製の「スペースフレーム」と呼ばれる柱構造が採用されています.
(ハイエースにおけるスペースフレーム構造はファーストカスタム社のオリジナル工法です。エッヘン
モノコックボディのカットにより通常では強度を保つことが出来ない車体をこのスペースフレームを採用することにより、車重をむやみに増やすことなく、走行安定性、車体強度、万が一のリアキャビンへの耐突入強度等確保、すべては(安全)の二文字の為,最善の設計と時間をさいています。世界的にもトラックベースが多い中、乗り心地の良いモノコック構造のワゴンベースからのキャブコン造りは手間もかかるし技術的にも難しく、多くの会社が手を出しにくい分野でした。しかしこれで後発だったファンルーチェ社が、高い技術を背景に他社との差別化(オリジナリティ)ができ、この二車種で世界に胸をはって誇れるキャンピングカーの製造をしていると自信、自慢に繫がり仕事への高いモチベーションにも成っています。
(写真は急いで用意いした為、まだルーフ部リア部のフレームが仮装されていない状態です)
DCF_0010.jpg P1010693.jpg
赤丸印のところがポイントです右の写真がそのアップですが、フレームを製作する際にメンバーとメンバーの接合部にガセットプレート(三角部分)を溶接で取り付けることで応力の集中を避け強度が増し、より安全を確保することができます。
ここで紹介した工法はチューブラーフレームとも言われ、海外ではフェラーリ、ロータス7他F-1レーサーにも採用れていて、モノコックボディの様に大量生産しないが、軽くて強度がほしい時に使われる世界が認めた工法でもあります。 
これらすべての作業は、お客さまに安心に乗っていただく為の必要条件だと考えており、このキャンピングカー造りのノウハウをもとに高い安全基準をクリアする車造りに徹底しています。
キャンピングカーのファンルーチェ大連工場からの情報でした。

カテゴリ:From 大連

キャンピングカー納車の時、皆さんに喜んで頂いてます。

2011.06.26

DSCF3818.jpg 005_convert_20110701182659.jpg
ただいま「ファンルーチェ」の新車キャンピングカーをご購入の方にはもれなく
写真の様なご家族のそっくりさん人形をプレゼント中です!
顔写真からPCと連動しているマシンが顔を立体的に彫り上げます。
と~っても似ているんです・・・ホントに!
子供さんのそっくり人形をおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼント
何~んていうのも有りかもです!
ちなみに人形の高さは10cm位で、首から下は何十個も有るサンプル写真から選べます。
(右の写真ですがお客様の前では絶対してはいけないポーズを平然ととっている、
うちのBossです。ゴメンナサ~イ  でも顔は似てますよネ~)
キャンピングカーのファンルーチェからのキャンペーン情報でした。

カテゴリ:お知らせ

スケルトン(キャンピングカーのがい骨)??

2011.06.25

キャンピングカーのセレンゲティ&パタゴニアに採用されている、スペースフレームを
写真や言葉では中々伝えにくいので、つくばの永井店長が、ハイエースの模型から
スチロールクラフトで、こんなの作っちゃいました。
黄色いスケルトン状の物がスチールの角材から作り上げ
リアキャビンの安心、安全を保障するスペースフレームです。
角材のそれぞれの交点には三角の鋼材を溶接し走行中に発生する
ねじれ、ひずみ等の力に負けず、いざという時にも安全な構造にしてあります
この構造が他社製品との走行安定性を比べた時に差がでる訳ですネ。フムフム
008.jpg 010.jpg
011.jpg 009.jpg
よく見るとサードシートの三点式シートベルトの台座&タワーも付いてますね。
この子とても可愛いのでティムバートンの映画ナイトメアー ビフォー ザ クリスマスのジャック スケリントンからお名前頂戴してセレンゲティ・スケリントン君と命名します。
写真何か見にくいよね。何気に貼り付けちゃいました。上下左右今後ガンバリマス
キャンピングカーのファンルーチェからのトピックスでした。

カテゴリ:近況
30 / 31« 先頭...1020...2728293031