床断熱(ヨセミテ編)

2011.10.14

秋も深まりそろそろ冬支度。 少し前にハイエースのフロアーの構造について紹介させて頂きしました。今回はヨセミテの床構造を簡単にご紹介します。
キャンピングカーの断熱方法は各社様々で皆さん工夫を凝らしてます。 ヨセミテのフロアーは写真のような造りとなっています。 軽さと強度を兼ね備える為、フレームはアルミ角パイプを使用し、周囲に関しては更に強度を高める為ダブルで使用しています。 断熱材は50mmのスチレンフォームを使用し、フレームの間に隙間なく敷き詰めます。 その後、FRPパネルでサンドイッチ、真空パネル成型機で12時間加圧します。 こうすることにより強固な床構造となり床下からの冷気やノイズをシャットアウト。 しかし、ヨセミテの床構造が凄いのはこれだけではありません。 フレームの強度を更に高める為、フレーム内には角木が挿入してあります。 これによりアルミフレームの強度は格段と高くなり、更にアルミから伝わる冷気も抑えられ、フレームの結露も減少できます。 これで寒い冬も安心して睡眠できますね。
高い技術と手間隙かかった車両ですが、ものすごくお値打ちな価格で販売しています。これに決まり!!
P1010868.jpg  P1010870.jpg
以上、キャンピングカーのファンルーチェでした。

カテゴリ:From 大連

出荷作業

2011.10.14

今回は出荷作業をご覧頂きます。ファンルーチェにて生産した車両はオープンコンテナに積み込みをし、大連港まで運び、そこから日本へ向けて出港します。 オープンコンテナへの積み込みはひときわ神経を使い注意の要る作業です。 デッキまでの高さは約2m。 スロープを使い積み込みます。 スロープが狭くスリル満点。 運搬の際の塩害、汚れから守るために、全体をカバーで覆い車体をベルトで固定します。 海上輸送中に海へ落とされないよう細心の注意を払い固定し、複数のスタッフにてチェックを重ねます。 もちろん未だ一度も落ちたことは有りませんが・・・。 最後に無事日本のお客様のところに届きますよう、安全を祈ってお見送りをします。ちょっぴりせつなくなりますが。
P1010854.jpg P1010858.jpg P1010864.jpg
以上、キャンピングカーのファンルーチェでした。

カテゴリ:From 大連

完成検査

2011.09.29

ファンルーチェでは品質を特にこだわり、安心してお使いいただくため完成車両には入念なチェックを行います。今回はその流れをかいつまんでご紹介させて頂きます。
最終、FRPのボディのキズ等をチェックし、必要な場合は補修を施します。FRPボディの艶を向上させるためにバフ掛けをします。このバフ掛けによりさらにピカピカツルツルのボディに変身します。
その後、屋内と太陽光のもとで外に車両を置き傷など細かなチェックをすると同時に、車室内のチェックを行います。熟練した検査員が、機能面、外観、操作具合など厳しくチェックします。チェック項目で不具合が出た個所については原因追求と修正、今後の対応を行っています。作業段階で各担当責任者間で行われるチェック項目は合計約350項目、最終検査員が行う検査項目は約100項目。これらの検査に合格した車両が日本へ向けて出荷されます。経験と根気の要る作業でこれまた大変な作業です。
検査にパスした車両は洗車後、念入りにワックスがけをし、工場内で保管され、コンテナ積み込み前には輸送途中の風雨、潮害、汚れ等から、お客様の大切な車両を守る為に車体カバーが掛けられ出番を待ちます。
一般乗用車と違い大変労力と根気のいる作業ではありますが、良い車両を世の中に送り出し続けることが出来るよう最善を尽くしています。
磨き  完検外1  完検室内
完成  カバー下回り  フルカバー
いかがでしたでしょうか。キャンピングカーの製造はほんとに手間の掛かるものですね。次回は完成後の出発をご紹介します。
以上、キャンピングカーのファンルーチェでした。

カテゴリ:From 大連

キャンピングカーの断熱

2011.09.23

台風も過ぎ去りようやく秋めいてきました。キャンピングカーシーズン到来です。
今回は、普段見ることの出来ない部分をちょっとだけお見せします。キャンピングカーの床内部は外観からでは見ることが出来ない場所なので、キャンピングカーを購入するときに気になる部分ですよね。よく販売店で、この車の断熱は・・・とか、こんな断熱材を・・・とか各メーカー様々です。
そこで当社のセレンゲテイ、パタゴニアの床構造をちょっとお見せしちゃいます。画像は作業途中の物ですのでご了承下さい。標準の床形状に合わせ12mm厚のベニヤをカットし、更に標準の床の起伏に合わせて高さを調整した骨を組み合わせます。メンテナンス性も考慮し、骨と骨の間に画像のように隙間無く40mm厚の断熱材を敷いていきます。標準の床にマットやベニヤだけ敷いたのではなく、更に40mm厚の断熱材を施工することで、断熱効果を高めています。もちろん仕上げにはクッションフロアーを敷いてあるので更に効果大です。動力を得ずして快適な空間となるよう常に研究、開発に取組んでいます。
また、冬用に専用カーペットのオプションも用意していますので、お気軽にお問い合わせください。 FFヒーターの燃費節約にも環境にもキャンパーの断熱は大切ですね。
P1010843.jpg  P1010837.jpg
以上、キャンピングカーのファンルーチェでした。

カテゴリ:From 大連

あったらいいな・キャンピングカー小物編

2011.09.03

久しぶりのブログです。ハイエースの生産も回復しつつ、今までのしわ寄せが一気に来てしまいてんやわんやです。生産の合間にこんなアイテムを作ってみましたので、是非皆様のキャンピングカーにもいかがですか。どれも質感高いですよ!
①ハイエースワイド用 運転席肘掛&コンソール(写真は後方から)
②カムロード用 運転、助手席肘掛&コンソール
③バックカメラカバー
①               ②              ③
Cコンソール2(29,800) コンソール1(29,800) カメラカバー設置1

カテゴリ:お知らせ

キャンピングカー講座【キャブコン編】 you tube 動画

2011.08.19


ファンルーチェ社プロデュースのハイエースキャブコン 「セレンゲティ」が登場しております。キャンピングカーにおけるキャブコンとは?! また、動画ならではの目線でセレンゲティを楽しんでいただく事も!ぜひ {1分で分かるキャブコン編} のタイトルをクリックしてみてください!
You Tubeはこちら
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした。

カテゴリ:お知らせ

キャンピングカーで旅する!

2011.08.01

皆様おなじみのキャンピングカー情報誌、キャンプカーマガジン(株式会社芸文社) そのVol.27『徒然キャンカー日記』にセレンゲティをご紹介いただいています。『キャンピングカー人生』という言葉がまさにぴったりで弊社のキャンピングカー・セレンゲティのオーナー様でもあるフリーライター岩田一成氏による新鮮な情報と、様々な視点からのお話が紹介されており必見必読です! 是非本屋さんへ行って立ち読みではなく購買して読んでみて下さ~い!(写真をクリック)
CCM27セレンゲ CCM27表紙
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした。

カテゴリ:お知らせ

キャンピングカー・セレンゲティの語源?

2011.07.30

ファンルーチェ社では現在 3モデルのキャブコン型キャンピングカーを製造しています。その最初のモデルがトヨタ社製のハイエースワイドワゴンをベースにしたセレンゲティです。すでに紹介していますが改めて写真を取り直したので見て下さい。そうです、芝生の上でのセレンゲティ・スケリントン君です。この呼び名はアフリカはタンザニアにある国立公園からいただいた名で、現地スワヒリ語で「どこまでも続く草原(平原)」って意味です。マサイマラ国立公園と並んでアフリカを代表する公園で野生の王国として 特にヌーの大移動は有名です。よってその名にふさわしいショットが欲しくて撮り直しました。黄色く見えるのがリアキャビン部の安全と車全体の強度を確保する鋼製のスペースフレームです。下地なので、キャンピングカー完成時では見られ無いので、ミニチュアで再現した物がこれです。又、兄弟車「パタゴニア」にも同じスペースフレームは採用されてます。
たびたびの案内になりますが只今、ファンルーチェ社のキャンピングカー御成約記念として身長10cm位のソックリさん人形プレゼント中です。下の写真は弊社の増田の顔写真から造ったサンプルですが、どうですソックリでしょう  暑い日々が続きますが,キャンピングカーに興味の有る方も無い方も是非お近くのキャンピングカーランドに遊びがてら寄ってください。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます
015_convert_20110730090955.jpg 016_convert_20110730091015.jpg 017_convert_20110730091039.jpg
018_convert_20110730091105.jpg 008_convert_20110730091134.jpg 024_convert_20110730111225.jpg
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした

カテゴリ:お知らせ

今どき、ブリキ細工のキャンピングカー??

2011.07.28

昔のオモチャは木、竹,粘土等だったよネ。その後、プラスチックが主流に成るまでの間にセルロイド製と鉄板をプレスして作ったブリキ細工製なる物が在ったが、今はとうに消えた・・と思っていたが当ファンルーチェ社の在る  大連の町外れに未だに金床とトンカチでそれを作り続けている工場が在った。一個からでも作れると言うので、早速セレンゲティの現車を見てもらい作り上ったのがコレだ!! ( 写真をクリック)
001_convert_20110713062740.jpg 002_convert_20110713062805.jpg 003_convert_20110713062829.jpg
004_convert_20110713062852.jpg 005_convert_20110713062924.jpg 006_convert_20110713062952.jpg
屋根は抜いて中の家具も再現してもらいました。BOSS人形、 から分かると思いますが、全長30cmくらいの大きめなブリキ細工モデルです。この工場で作っている物、全てがそうであった様に薄汚れたレトロ観溢れる仕上がりです。セレンゲティは幸せ者です。当社が知る限りブリキ製のクローンが有るキャンピングカーは世界ではこれ1台しかない貴重な作品だと確信しています。(ブリキって日本語ではない単語は江戸時代から有った。語源不明) 現在は、名古屋キャンピングカーランドに展示中です。興味のある方は是非ご来店下さいます様お待ちしてます。
キャンピングカーのファンルーチェ社からのトピックスでした。

カテゴリ:近況

キャンピングカー用コンソールBOX新発売!

2011.07.07

弊社で製造しているヨセミテは勿論のこと、カムロードベースのキャンピングカーには全て取り付けることが出来る、肘掛付きコンソールBOXの新発売です。
使用感、バランス、デザイン等を考慮して、仕上げました。
早速、我が社のヨセミテに装着して使用感をチェック。レザー張りで高級感もあり、肘掛の具合がとても良いです!後方にはドリンクホルダーもつき、バンド固定なので設置も簡単。ドライバーは勿論、助手席側と両方共に有ればとても便利で楽チン楽チン
間もなく発売予定です。お値段等、お近くのキャンピングカーランドにお問い合わせ下さい
P1010642.jpg P1010643.jpg
P1010641.jpg
キャンピングカーのファンルーチェ社からのお知らせでした。

カテゴリ:お知らせ
28 / 30« 先頭...1020...2627282930